はっきり申し上げてBroad WiMAXがおすすめ

はっきり申し上げて、最も満足のいくモバイルWiFiルーターはBroad WiMAXで決まりでしょう。このルーター以外と比較しても回線スピードは群を抜いているし、何と言いましても料金が最も安いです。

ポケットWiFiという名はソフトバンクの商標ではあるのですが、概ね「3G回線あるいは4G回線を使ってモバイル通信をやる」際に欠かすことができない「ポケットサイズ」のWiFiルーター全部のことを意味すると考えていいでしょう。

Y!mobileあるいはDoCoMoであれば、3日間で1GBという通信量を超過してしまうと、定められた期間速度制限が行われますが、WiMAX(ノーリミットモード)の場合だと、そうした制限は存在しません。

現実にBroad WiMAXとWiMAXという支持する人が多い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や月間の料金などを比較してみましたが、上位機種限定の下り最大速度を除外した大体の項目で、WiMAXの方が優れていました。

「速度制限なし」と謳っているのはWiMAXのみというイメージをお持ちかと思いますが、Broad WiMAXにも通信方式を設定することで、速度制限が掛かることなく使うことができる「アドバンスモード」という呼び名のプランがあるのです。

気になる方は複数のプロバイダを比較する為にも、一度WiMAXのキャンペーン比較サイトをみてみるのがおすすめです。

>>おすすめWiMAX・キャンペーン徹底比較 | セレクトWiMAX 

WiMAXに関しては

WiMAXに関しては、大元のUQは勿論のこと、MVNOと言われる会社が取り扱っております。はっきり言って速さとか通信サービスエリアが変わることはないと明言しますが、料金やサービスはまちまちだと言えます。

WiMAX2+の売り上げアップキャンペーンとして、高額のキャッシュバックを継続しているプロバイダーが幾つか見られますが、キャッシュバックキャンペーンに手を出していないプロバイダーも存在しますので、注意するようにしましょう。

WiMAXモバイルルーターと言いますのは、機種によりCA方式もしくは4x4MIMO方式のどっちかの通信技術が採用されているのだそうです。繋がり易さが異なるので、そこを心に留めて、どの機種を購入することにするか決めるといいと思います。

WiMAXはトータルコストを計算してみても、他のルーターより安くモバイル通信が可能なのです。電波が利用できるエリア内だとすれば、1台のWiMAXモバイルルーターで何台もの通信機器をネットに繋げることができます。

ポケットWiFiに関しては、毎月使用が認められる通信量や電波の種類が異なったりするので、使い方によっておすすめできるモバイルWiFiルーターも異なるのが通例です。

毎月毎月7GBというデータ使用量制限はありません

モバイルWiFiの毎月毎月の料金は最低でも2000円台となっていますが、プロバイダーによってはキャッシュバックを戦略にしているところが見られます。このキャッシュバック金額を掛かった費用から減算すれば、実質コストが分かるのです。

WiMAX2+のギガ放題プランを選べば、毎月毎月7GBというデータ使用量制限はありませんが、3日間で3GBを超越してしまいますと、速度制限対象になると考えてください。

「格安sim」&「WiMAX」&「Broad WiMAX」の3つを購入候補として、それらの良い所と悪い所を認識した上で、利用状況毎にモバイルルーターをランキングの形でご紹介します。

1ヶ月のデータ使用量が無制限の「ギガ放題」の他に、WiMAX2+には「通常プラン」というのも提供されています。このプランの場合ですと、「データ使用量は7GBに限定」という設定となっています。

WiMAXと申しますと、もちろんキャッシュバックキャンペーンに視線が注がれますが、近頃は月額料金を引き下げることができるキャンペーンも大人気です。